trability 英語で普段知らない自分を発見! 大人向け3ヶ月英会話講座

超初心者からの英会話レッスン 英語コーチング オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶ独特のレッスンスタイルの英会話講師Misakiのブログです♪

旅行業界は他業界ともっと仲良くしよう♪ちょっと真面目なMiaskiの夢物語

f:id:trability:20180511210204j:plain

今日は、打ち合わせに行った、いつものレッスン会場Cflatさんで思わぬ出会い。

マンツーマン英会話レッスン直前のChuck さんにお会いしました!

 

中国語も少し話せて日本語も勉強中という彼は日本に来て5ヶ月ですが

すでに当て字で自分の名前も漢字でかけるという、語学堪能な方♪

Nativeの話はやっぱり楽しく笑い、聞き応えもある!!充実な時間でした♪

 

コラボと紹介の打ち合わせだったのですが、やっぱり

どこかしら同じ方向を目指している私たち?気づけばこんな話に。

 

A.日本で迷っている、案内をして欲しい外国人

私がいるホテルでも、フロントのチェックイン対応だけでは物足りなさそうな方も。

 

B.一方、私たちのような語学のサービス・コミュニティをしている場所では

外国人と話したい!と求めているEnglish learnersはたくさんいる。

 

このA,B2つのニーズを繋げられないか??

 

ここで、ネックになるのが、観光に対する日本での意識がまだまだ

世界とは違うのかな。と感じることがある事です。

 

 

 

こんな事です。順番に私目線でご紹介!

 

1.インフォメーションセンターについて

海外ではよく、特に有名な観光地では、町中に外国人観光客の気軽に寄れるインフォメーションセンターが。地図を配ったり、ホテルを紹介したり、時にはツアーも案内したり。無料で利用できます。

 

都市にもよると思いますが、私の感覚ではオーストラリア、ヨーロッパの

大きな観光都市では、一駅に2つくらいの間隔であった感覚です。

f:id:trability:20180511210748j:plain

こんなマークを掲げたもので(画像はインターネットよりお借りしました)

f:id:trability:20180511210832j:plain

立派なところだとこんな感じです。小規模なものももちろんあります。

日本語対応こそないものの、数カ国語対応しています。

 

日本でも大阪駅難波駅にはあるけど、まだまだ海外のように数多くはない。

地下鉄の1駅、せめて御堂筋線の各駅くらいにはあってもいいのかな!と思います。

駅員さんも、ブロークン英語で頑張っていますけどね。

あくまで、ホテルと同じ「傍ら」の仕事。メインではないのです。

 

私のホテルからでも最寄りのインフォセンターは「大阪駅だ」と伝えると、

地下鉄に乗っていかないといけないのでちょっと残念そうにする外国人の方もいます。

私のホテルの場合だと、観光案内を丁寧にしていると、too busyになって来てチェックインが行列。なんだかゆっくり案内もしづらい。これも傍らだから。

f:id:trability:20180511214522j:plain

そこで、欲しいなと思うのが、ホテルの中にインフォセンターまたはツアーデスク。

 

鎖国をしていた日本。日本語対応のインフォメーションセンターだけでなく

もっと街中に外国語対応のインフォメーションセンターを!

それだけでおもてなし度も上がるし、英語を使って仕事をしたい人の雇用も増える。

私も働きたいくらいです!

 

これって、日本の英語力の底上げにもなる。

英語力がないから、そんな施設ができないのではなく。

そんな施設を作るから、英語が話せるようになるのです。

海外にいつもガイドツアーつき、通訳付きで行っている国の偉い方にはない

貧乏旅行出身者からの視点と叫びです笑

 

下手に学校英語のような英会話教室、英語学習塾を増やすよりも、これかな!くらい思います。

f:id:trability:20180511214546j:plain

2.旅行業界について

公共の施設が難しいなら、観光業界革命ならまだ夢物語ではないでしょうか?

 

海外ではホテルでツアーについて相談するのって普通。

ホテルの隅にはツアーデスクがあり、チェックイン後すぐに相談できます。

(これも、私が今まで泊まった中級クラスまでのホテルでは、の話ですが)

私もしたことがあります。小さいホテルだと、チェックインしたその人が丁寧に相談に乗ってくれるときもあります。

 

日本では、旅行会社とホテルって完璧に切り離されていて。

旅行会社にホテルをとってもらい、「旅行会社ありき」ですよね。

駅中に大きな旅行会社がずらっとあるのって、海外では見たこと無いかもしれません。

私が体験した中では、海外では逆な気がします。「ホテルありきの旅行会社

 

街中に旅行会社もオーストラリアにはありましたが、主に飛行機のチケットや、他の都市へのツアーをアレンジするものだった記憶があります。

日本の旅行会社ほどパッケージツアーのパンフレットもなかったです。

f:id:trability:20180511214636j:plain

ホテルで観光や旅行の案内まで、となると、

日本で働いているホテルマンからすると、なんでこっちが観光まで!

となる印象です。

 

例えば私のホテルではあまり盛んでないUSJのチケット販売。

 

なんで!?みんな積極的に勧めないの?行き方とか混雑状況聞いてるのにも関わらず!

Business chanceなのに!

 

と、私は思ってしまいます笑

 人の割に仕事が多いやり方と、縦割りの社会の徹底、ってやつも関連ありますね。

 

他にも、街中で外国人にガイドをすることは、費用を取ってしている人がいなく

ボランティアが多いのは、旅行業のライセンスがいるから。

 

そこでMisaki案は。

ホテルにツアーデスクを設ける。

英会話学校の中に、ツアーデスクを設ける。

ホテルには、例えば高校生や大学生のインターンなども仕事の体験に行ける。

 

こんなことができたら、

幼児教育から英語を云々

高い英会話教材を買っても話せるようにならない

 

などの問題も減り、一気にグローバル化が加速♪

夢物語を語ってみました。Did you enjoy?

 

6/30にはイベントで、海外のホテルの疑似体験ができます!

trability.hatenablog.com

 

5月中のイベント・レッスンはこちらから確認できます♪

trability.hatenablog.com

 

皆様にお会いできますのを愉しみにしております。

trability.jimdo.com