trability きまじめな大人が英語で人生を楽しく行動的に! 大阪 神戸

自分の常識は他人の非常識❗️英語アレルギーから英語で自分の意見を言うグローバルな日本人へ✨オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶマンツーマン英会話講座を行っています🎶

モチベーション維持の秘訣5話 1.日常に流されない 本当の目標の見つけ方

「日常に流されない」ために 

あなたの目標は○○ではありませんか?

 f:id:trability:20171106172640j:image

英語を話せることで、あなたのしてみたいことはどんなことですか?

 

海外旅行で会話の幅を広げること
外国人の友達、取引先の人と話すこと
英語で情報収集して視野を広げること
TOEICのスコアをあげて昇進を狙うこと

f:id:trability:20171106172339j:image


英語を日常的に使う仕事につくこと

英語を使えると夢が広がりますね。

 

みなさんはすでに勉強、行動を始められていたり、進行中でご経験があるかもしれませんが、


英会話の勉強はこつこつ 繰り返し 積み重ねがとても大切。


こんなことも、特に継続していると感じるかもしれません。

 

昨年、英語に関心のある知人にアンケートをしたところ 英語を中断してしまった理由の1位は

 

 

仕事・家事など他のことが忙しくなってしまったから

 

でした。

 

継続するには 

 

日常に流されずこつこつすることがとても大切です。


日本語の生活に英語を取り入れていくには意識して行動すること。

ふとしたことで「日常に流されない」工夫と考え方が大切です。

 

それでは、どのような人は行動を続けることができるのでしょうか?

 

性格?
環境?
遺伝?
年齢?
過去のトラウマなどがないこと?

 f:id:trability:20171106173406j:image

どれも実は違うのです。

 

手段ではない状態の目標がある人

 

これです。

 

たとえば、外国人の友達作りを目指して、Nativeとのレッスンを始めた人がいたとします。
会話で使うフレーズを覚えて実際にトライ

やった!通じた!もっともっと話せるようになりたい。

f:id:trability:20171106172607j:image

この時注意したいのが

外国人と話す時間の長さ=手段 が目的になってはいけない

こんなことです。

 

リードしてくれる外国人講師にだんだん英語が単語でも優しく答えてくれることに甘えたり。

翻訳機を片手に話しても通じることに気づいたり。

大事なのは

 

外国人といかに長く楽に話すか

 

ではなく

 

通じた!うれしい!という気持ち、状態に注目すること。

抽象的になりやすい、状態の目標を作ることなのです。

 

私たちはついつい、目に見えるものにフォーカスしがちですが、

最初は抽象的でも、行動していくことで揺るがないものにできるのです。

 

もう一度言います。

 

あなたの目標は手段ではありませんか?

 f:id:trability:20171106173456j:image

もしピンとこない場合は

過去に絶好調だったときの状況 感情
を思い出してみてくださいね。

 

これからの行動のヒントになりますように^_^

 

2日目には、「2つの「○○」で素直に実践する 」というテーマでブログ記事を書きます。

お楽しみに!

 

ライン@にご登録いただくと 5話更新のたびにお知らせし、

講座優先情報が届きます。

f:id:trability:20171106173849p:image

LINE Add Friend

ID:@sdv7631p