trability きまじめな大人が英語で人生を楽しく行動的に! 大阪 神戸

自分の常識は他人の非常識❗️英語アレルギーから英語で自分の意見を言うグローバルな日本人へ✨オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶマンツーマン英会話講座を行っています🎶

モチベーション維持の秘訣5話 1.目標ではない 本当の○○の見つけ方

「英語の勉強を始めたけど日常に流されてしまう」

「何を目標にしていいかわからない」そんな方に読んでいただきたい記事です。

f:id:trability:20171106172640j:image

英語を話せることで、あなたのしてみたいことはどんなことですか?

 

海外旅行で会話の幅を広げること
外国人の友達、取引先の人と話すこと
英語で情報収集して視野を広げること
TOEICのスコアをあげて昇進を狙うこと

f:id:trability:20171106172339j:image


英語を日常的に使う仕事につくこと

英語を使えると夢が広がりますね。

 

みなさんはすでに勉強、行動を始められていたり、進行中でご経験があるかもしれませんが、


英会話の勉強はこつこつ 繰り返し 積み重ねがとても大切。


こんなことも、特に継続していると感じるかもしれません。

 

昨年、英語に関心のある知人にアンケートをしたところ 英語学習を中断してしまった理由の1位は

  

仕事・家事など他のことが忙しくなってしまったから

 

でした。

 

継続するには 

 

日常に流されずこつこつできること、そんな環境がとても大切です。

現代の働く大人は、英語の他にもすることがたくさん。

そんな中、学生時代と同じ方法「根性論」「とにかく嫌でもやる」というのは酷ですし、辛いですね。ところが、結構な人がこんな方法を取ってしまいがちです。


日本語の生活に英語を取り入れていくには意識して行動すること。

ふとしたことで「日常に流されない」工夫と考え方が大切です。

 

それでは、どのような人は行動を続けることができるのでしょうか?

 

性格?
環境?
遺伝?
年齢?
過去のトラウマなどがないこと?

 f:id:trability:20171106173406j:image

どれも実はちょっと違うのです。

 

目標ではない目的がある人

 

これです。

 

目標 となると多くの人が「立てるべき」となりますが、

実際に勉強を始めると「こんなこともできない」「これが聞き取れない、情けない」

といろんなマイナス面にフォーカスしてしまいがちです。

 

f:id:trability:20171106172607j:image

 

 

例えば、「英語の映画を字幕なしで見れるようになりたい」こんな人がいたとします。

 

これって、結構実は初心者の方が一から勉強を始める時に立てがちなのですが

英語を使って仕事をしている講師などでも結構一発では難しいもの。

実際私Misakiも、英語字幕、英語音声で楽しみます。

 

これを、実際に行動していき

「英語で天気の話がしたい」

「旅行英会話 レストランのシーンだけは自力で英語で乗り切りたい」

 

と、「今」の自分にあった、現実的な「目的」に変えていくこと。

これが大事です。

 

あなたの目標は手段ではありませんか?

「目標」を「目的」にしていきませんか?

 f:id:trability:20171106173456j:image

英語を話すための「会話」という目的は

受験英語や学校英語の「目的」とは全く異なります。

 

登山経験の全くない人が、装備も何もなしにエベレストに登って

「できない」「苦しい」そいうなる前に。

 

「目的」を引き出してくれる経験者と一緒に、あなたがまだ見えていない「目的」を見つけていくと、「苦しい」思いをせずに行動が今よりスムーズになります!

 

これからの行動のヒントになりますように。

 

2日目には、「2つの「○○」で素直に実践する 」というテーマでブログ記事を書きます。

お楽しみに!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様にお会いできますのを楽しみにしております!

 

Misakiの英会話Trabilityホームページはこちらから

trability.jimdo.com

Misaki Ikemoto 各種SNSはこちらから

英会話フレーズ やモチベーションついて記事配信 ID:@sdv7631p

講座情報 Misakiの考え方実況中継