trability 英語で普段知らない自分を発見!英語フレーズ 学び方など

オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶ独特のレッスンスタイルの英会話講師Misakiのブログです♪現在は生徒さん募集をしていませんが、英会話の学び方など更新中です。

聴覚の磨き方 英語耳だけでなく 生活の質の向上にも!

f:id:trability:20180428132003j:image

 

今、ホテルのラウンジでスマホから記事を書いています。

 

いつもパチパチ、カフェでパソコンでなくこういう時間も大切に。

 

心地いいのは質のいいBGMと

ガヤガヤしすぎず静かなこと

天上が高く開放感があること

 

そこで、自分が心地いいところの共通点を探してみました。

 

滝など自然の音

小鳥の声

ピアノやクラシックな音楽

ジャズなど落ち着いた音楽

南国風の音楽

 

空間も大切。ヒーリング系のCDをただ満員電車のような密閉された空間で聞けばいいってもんではない。

f:id:trability:20180428124733j:image

聴覚って日頃忘れがちだけど、実は磨くと、生活の質が高まる。

 

小さい頃から、私はとても聴覚に敏感だったかもしれません。

 

風船が割れる音がすごく怖かったり

花火大会に行き大きな音にギャン泣きしていたり

コールセンターの仕事でイヤホンからの音がつらくて、終わって頭痛がしていたり(あと少しで辞めます;)

f:id:trability:20180428132017j:image

イヤホンでばかり音楽を聴く

家ではテレビの音が常についている

オフィスワークで機械音の中、常に静かにしている

 

以前の私のような

こんな方は、要注意かもしれません!

 

自然たっぷりのオーストラリアで、英語環境で過ごした私は

 

帰国して空港から帰るバスの中、

 

日本語で話している男性が最初中国語なのか、英語なのか、日本語なのか聞きわかるのに時間がかかりました。

 

私の音の情報処理の仕方はこんな感じ。

 

自然の音か人工的な音か

人の声かそうではないか

日本語なのか外国語なのか

英語なのかその他日本語以外の外国語か

f:id:trability:20180428132043j:image

英語耳になる人はもとから才能がある

 

というわけではなく

 

聴覚を磨く、ということを忘れているから

 

こういう、耳に入れる情報を上質にして、日頃から研ぎ澄ましておくことも大切。

 

いくら発音レッスンを受けても違いが分からない!

 

英語教材を何個もやっても一向に聞き取れない

 

という方は

 

一度、人工的な環境から離れて

五感としての聴覚を磨く

f:id:trability:20180428132158j:image

こんなことに目を向けてみるといいことあります。

 

私も、心地いい音のする空間

自然の中で過ごすこと

 

愉しんでいきます!