trability 英語で普段知らない自分を発見!英語フレーズ 学び方など

オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶ独特のレッスンスタイルの英会話講師Misakiのブログです♪現在は生徒さん募集をしていませんが、英会話の学び方など更新中です。

3単現Sを忘れないための相槌トレーニング

こんにちは、英語でひらめき会話をリードするあなたへ!Misakiです。

f:id:trability:20170607181413j:plain

 

英語初心者さんの英語学習の最初の壁。こういうことはありませんか?

 

he she itとI youでは動詞の形が違うこと

 

例:

×He go to work.

◯He goes to work.

 

×She don't have anything.

◯She doesn't have enything.

 

これは、使えば使うほど慣れていくのですが

問題集など以外でトレーニングする方法をご紹介いたします!

f:id:trability:20170607181619j:plain

まず、いつも変わらないことを簡単な英語にします。

自分の趣味、家族について話す、仕事について話すことがポイントです。

 

私の兄は電機メーカーに勤めています。

My brother works for an electronic manufacturer.

 

私の夫と息子は8時に家を出ます。

My husband and my son leave home at 8:00.

 

私の母はゴルフが得意です。

My mother is good at golf.

 

これに対して、「そう?」という意味を込めて

動詞をひっくり返して相槌をします。

f:id:trability:20170607181530j:plain

 

My brother works for an electronic manufacturer.

→Does he?

 

My husband and my son leaves home at 8:00.

→Do they?

 

My mother is good at golf.

→Is she?

 

2番目は、my husbandと一見 doesになりそうなんですが、

2人なのでtheyとなるのが引っ掛けポイントです。

 

最初はこのような簡単な文をたくさん用意して

反射的にあいづちをしていきましょう。

 

慣れてきたら、洋画やドラマなどの英語を聞き取り

その人が言っていたことに相槌するなら、上記のどれに当たるのか

考えて、一時停止をしながら相槌していきましょう!

これは、native speakerと話していて、何も話せず「だんまり」となってしまう

対策にもなりますし、

話を聞いていますよ!というアピールにもなり、好印象になります。

あんまり毎回毎回、だと逆効果なので適度が大切です!