trability 英語で普段知らない自分を発見!英語フレーズ 学び方など

オーストラリアでの住み込みベビーシッターの経験をいかして音とリズムで学ぶ独特のレッスンスタイルの英会話講師Misakiのブログです♪現在は生徒さん募集をしていませんが、英会話の学び方など更新中です。

もんわり英語のダイエットテクニック公開

暗記を卒業して、英語を自分の言葉で話せるようになるためには?

ラインやメルマガ読者さまはもうお気づきかもしれませんが

 

「英文を1から作るトレーニング」が必要です。

 

そのためには「書くこと」が大切!

ただ、自分で英作文をして

 

もっさりしている

ピンとこない

f:id:trability:20171208184816j:plain

こんなことってありませんか?

 

私が色々な英語学習者の方と接する中や、翻訳の仕事中にみつけた2つのテクニックを

独自の視点で書きました!

 

「だまされず」

「やわらかく」

の2つです。

 

1.だまされず これは要点は何か?動詞にフォーカスして考えるテクニックです!

2.やわらかく これは、3歳児にも伝わるような「言い換え」のテクニックです。f:id:trability:20171208185705j:plain

 

1.だまされず の例

直訳してしまい、「これってこういうことが言いたいんだっけ?」となったとき

「日本語にだまされていないか」を意識してみてください!

 

①There

「そこは」の「そこ」にThereを使う方をよく見かけます。

 

そこは素敵な場所でした

(もっさり)There was a nice place.

→スッキリ It was a nice place.

 

There が前にくるときは「~がある」という意味になります。

There was a lady outside the room.

部屋の外に女性がいる 

なので、日本語としては「そこへ」というのがイメージしやすいです。

Please take me there!

そこへ連れて行って。

f:id:trability:20171208190502p:plain

 

②toの前後の関係

水を加えてそれを溶かす

(もっさり)Water is added and make it melted.

日本語の語順で、それっぽく作るとこんな受身を考える方もいるかもしれません。

f:id:trability:20171208190654j:plain

ただ、ここで重要なのは「語順にだまされずポイントを見ること」

一番大事なのは「加える」ことだと気づくと、こうできます。

溶かすため水を加える

→スッキリ Add water to melt it.

 

命令形は「人」など主語がいらないのです。

ダイエット成功!すっきりですね。

 

他にも、ダイエットテクニックがあれば追記していきます。

次回は「やわらかく」テクニックを公開していきますね。お楽しみに!

 

メールマガジンではより濃い内容をお届けしていく予定です

www.reservestock.jp


Misakiの英会話サービスはこちらから

trability.jimdo.com